移住先として人気のマレーシア・ジョホールバルにてカウチサーフィンを利用してみた。お宅訪問編

どうも先日29歳になりました勇一です。
今回は先回の働き方編に続くお宅訪問編でございます。

マレーシアのジョホールバル州南部で進行中のイスカンダル計画。

そのエリアに住むヒラリーさんの家にカウチサーフィンを利用して泊めてもらいました。

彼がどんなとこに住んでいるのか特別公開します。

 

お宅周辺情報

ジョホール州最南端にある落ち着いたベイエリア。
JBセントラル駅やCity Squareというジョホールバルの中心オブ中心から歩いて15分。
JBセントラル駅からシンガポールにすぐ上陸できます。

左がシンガポール、右がジョホールバル。

 

 

家の前にある通りにはバス停があり、アクセスも抜群。

周辺にはコンビニはもちろん、激安で食べられる屋台が並ぶ。

しかも海沿いなので新鮮な海の幸が食べられます。
安い屋台だけちゃいまっせ。
どうやら近くにジョホールバルのプリンスが住んでいるようで、パーティのできるような高級店もあります。
そして、インドネシア行きのフェリー乗り場が歩いて3分のところにあり、そこではお酒やたばこ、チョコレートなどの免税品を購入することもできます。

 

危険なにおいが一切しない住宅街です。

 

お宅潜入

10階建てのこのコンドミニアムは正面に警備室があります。
中にはカードが無いと入れません。
エレベーターを上がるにもカードが必要。

セキュリティばっちりですね。
駐車場は2フロア。
駐車場所は決まっておらず自由に止められます。アジアではよくありますよね。

 

もちろんプールとジムも完備。

ジムの正面には卓球台もありました。

 

それでは部屋に潜入。

間取りはめっちゃ適当に作るとこんな感じ。


バスルーム(トイレ付)が2つあり、8畳程度の個室が2つ。

 

まずはリビング。

暗くて見にくいぞこら。という声は重々承知しています。

この記事を書くつもりなかったのでちゃんと撮っていませんでした。

かたじけない。

 

 

これが私勇一が寝た部屋。

ダブルベッドサイズのマットレスに感激しました。

シーツが少しラブリーなデザインです。

 

 

窓からの眺めはこちら。

対岸に見えるはシンガポール。ひゅーひゅー。
8階やから虫の心配もいりません。

 

肝心のお値段

コネクションを利用してこの部屋は破格でございました。
具体的な数字は申し上げられませんが、

ざっくり日本の新築ワンルームの半分ぐらいです。
鬼安い。。こんなええとこで。。
しかも彼はコネクションを利用して〇百万円ぐらい安く譲ってもらったようです。

 

こんな良い部屋で暮らすヒラリーとご飯に行ったり、漆黒のプジョーでドライブしたり、森の茂み?の中にあるド・ローカル飯屋に連れて行ってくれたり、良い時間を過ごすことができました。

 


 

海岸線を二人で歩きながらお互いの将来のビジョンを話していました。

「じゃあ次の再会は世界のどこかでな」

「ジョホールを離れるの?」

「違う。ポーカーの世界大会で会おう。ラスベガスとか。」

またポーカーかい。
もう200年分ぐらいポーカーって聞いたわ。
ほんで俺ポーカーやらんし、なんで世界大会に行くことになってんねん。笑

まぁヒラリーと行くベガスはおもろいかもな。

カウチサーフィンは世界各国に現地の友達ができて良いサービスですね~

 

以上、物件レポートでした。

 

ほなまた!!

【Sponsored Link】