ミャンマーの起業家との出会いと観光おすすめスポット(ヤンゴン・インレー)

 

どうもお箸ではなく手でご飯を食べられるようになった勇一です。

 

今回はミャンマーについて書こうとパソコンを開いたのですが、内容が濃すぎて一文字も書けない。。
出来事が多すぎたんです。

従って、今回は写真でザーッと説明していきたいと思います。

 

詳細は世界一周報告会にて語ります。

 

それではいきましょう!!

 

ミャンマーってどこ?

タイ、ラオス、中国、バングラディッシュに囲まれた位置にあります。

 

ミャンマー基本情報

人口:約5,200万人
首都:ネピドー
通貨:チャット
為替:1円11.7チャット(2016/12/22)
実質GDP成長率
2013年:8.43%
2014年:8.70%
2015年:7.03%
(GDP出典:IMF-World Economic Outlook Database)

まずはヤンゴンへ!!

赤い位置がヤンゴンです。

私はバンコクからヤンゴンに移動して来ました。
ちなみに2006年まではここヤンゴンが首都でしたが、現在の首都はネピドー。
日本から来る大学の友人は数時間後に到着するのでホテルに先に向かいました。
運転が荒いミャンマーのドライバー。
急ストップは当たり前。
これ事故るぞと思いながらも無事ホテルに到着してチェックイン。

 

すると、向かいの通りにて、私の到着を待ち望んでいたかのように子供たちが民族衣装をまとって、踊りながら行進。

こういう写真を見たら小梅太夫の歌が脳内で流れるのは私だけでしょうか。

 

そうこうしている内に友人が到着。

 

どうやら空港からホテルまでの道中で乗っていたタクシーが事故ったらしい。

 

いきなり後ろから激突されたようで、ケガが無かったことが不幸中の幸いやなと再会を喜ぶ。

 

 

そして、今回のミャンマー旅を最高のものにしてくれた起業家がホテルに迎えに来てくれました。
その起業家は、

Sin Phyu Lay Co.,Ltd.代表 新谷夢さん

「ミャンマーの美味しい食べ物・素敵な伝統品を世界に発信」することを目標にして、ミャンマーのお土産市場を開拓する女性です。
ミャンマー在住の日本人で彼女のことを知らない人はいないというぐらいすごい人です。
ちなみに「Sin Phyu Lay」の意味は、「小さなかわいい白象」。
*新谷代表の詳細は以下URL参照
https://www.myanmarcookies.jp/

 

夢ちゃんとは、大学の同窓生で、バンクーバーのUBCに共に留学していた仲間です。
バンクーバー以来9年ぶりの再会。

 

そんな彼女と友人の三人で過ごした3日間を写真を用いて説明します。

 

職場の近くの市場で軽くミャンマー名物を食べたり

 

実際に商品を販売するマーケットのショーケースを見に行ったり

 

工房を覗かせてもらったり(ミシンはブラザー)

 

ミャンマーにて起業した同世代の方々とランチをしたり、現地の日本人テニスサークルにてガチンコで練習をしたり、

 

ヤンゴンの名所、シュエンダンパゴダを観光したり

 

大学の忘年会に参加させてもらったり、

 

現地のミャンマーの女性が無償で通うことができる女学校を見学をさせてもらったり、

(この女学校は日本人の方が設立されていて、今回は直接案内して頂きました。)
そこで授業をさせてもらったり、

 

学校見学を終えて、市内に戻ると人力観覧車があったので乗ってみたり、

 

まさに今起業しようとしている方やコンゴで働く方と深夜まで飲み会したりと、まだまだ書ききれないほど濃い時間をヤンゴンにて過ごすことができました。

 

次はインレー湖!!

友人と私の二人はヤンゴンを後にして、インレー湖に行くことにしました。
ミャンマーといえば、バガン遺跡に立ち寄る方が多いかもしれませんが、インレー湖も大人気なんです。
ヤンゴンから飛行機に乗ること一時間でインレー空港に着陸。
そこから一時間半タクシーに乗り、インレー湖に到着。

 

今回はリゾートということで大枚はたいて、豪華なホテルに泊まりました。
とはいえ、二人合計1.5万円で最高級のホテルに滞在できます。
おそらく私の世界一周史上、最も高いホテルになるでしょう。

 

ホテルのプールからの景色

山と湖を一望しながら入ることのできるこのプールにおるだけで半日以上過ごせそうです。

 

そして、ボートをチャーターしていざインレー湖へ!!

 

湖上からの景色

 

そして、この湖上には首長族がいました。

 

余談ですが、先日ヤンゴンのマーケットにて、

個性的なTシャツを見つけました。

 

 

いや、顔よ、顔。笑

悪意しかない。笑

 

 

お土産屋、パゴダ、湖上レストランで魚を食すなど、一泊二日のインレー滞在でしたが、十分満足でした。

 


 

最後になりましたが、ミャンマーの人達は、今まで類を見ないぐらい優しく落ち着いた国民性を持っていました。
バックパッカーがミャンマーをアジアの中で最も好きな国に挙げる理由がわかります。

ミャンマーファンに私もなりましたからね。

 

以上、ミャンマーレポートでした!!

 

皆さん、ミャンマーに行く際は、新谷さんのお土産の大量購入よろしくお願いします!!

 

ほなまた!!