プライオリティパスでラウンジを使ってみた。中部国際空港(セントレア)編!

どうも勇一です。

 

連続飲み会も15日目を迎え、完全に体調不良です。なんだか腸に違和感。。お腹が緩い。。喉が痛い。。そんなバッドコンディションの中、11/15~11/18まで最後の海外出張に行ってきました。

 

何回も言いますが、11/25が最終出社日なんですけどね。笑

 

出張中の出来事はまた別の記事で書きますが、今回は世界一周に備えて、手配していたプライオリティパスを中部国際空港にて一度使ってみましたのでレポートします。
プライオリティパスって何?プライオリティパスで何ができるの?という疑問にお答えしますのでどうぞご一読くださいませ。

プライオリティパスとは?

世界120か国950か所以上の空港ラウンジを利用できるのがこのプライオリティパス。

空港ラウンジは、出発までの時間をくつろいでゆったりとゴージャスな気分で過ごすことができる場所です。会社のコーポレートカードで入れるラウンジとは異なります。
通常、空港ラウンジの利用料は3000円ぐらいかかりますが、このプライオリティパスを利用すれば無料!!
私の場合、楽天プレミアムカードを持っているので、プライオリティパスが付いてきます。
正確に言えば、楽天プレミアムカードが届いた時点でこちらから「プライオリティパスもちょうだい」とネットで申込みすれば後日送付されてくる流れです。

実際に使ってみた。

それでは利用までの流れを追っていきましょう。
当日は空港には出発の2時間半前に到着。
いつもなら二時間前とか1時間半前に着くようにしているのですが、今回はプライオリティパスを使ってみようと考え、仕事もあるし早目に空港IN。
まずは、カウンターでチケットを発券してもらい、セキュリティチェックを受ける必要があります。
なので、早くカウンター手続きを済ませたい。手続き開始時刻より少し早目に行くと、おるわおるわ、中国の皆様の群れ。

アドルフラインハルトのように「退け」と蹴散らす能力があるわけもなく、しっかり並ぶ。
そして、セキュリティチェックを終えたのが搭乗の一時間前。勝手に一時間半ぐらいはいたかったので30分損した~と少し早足で、空港ラウンジの看板を発見。

空港ラウンジは、国際線2階出発ロビーのど真ん中にあります。

ラウンジ前のエレベーターに到着。


ちゃんとプライオリティパス使えますよと言う表示もありこの時点でテンションは上がりっぱなし。
そして、エレベーターで3階へGO!!
入り口はいかにもビジネスマンが好みそうなデザイン。


ラウンジ内は縦にずらーっとソファやテーブルが並んでいて、飛行場が一望できます。人は8人ぐらいですかね、コーポレートカードで入れるラウンジと違って、人が少なくてストレスがありません。
入り口を入ってすぐのところに雑誌がずらーっと置かれてあります。私は迷わず日経新聞を手に取りました。


そして、ドリンクコーナーは、種類が豊富。

一般的なジュースだけでなく、牛乳、ペリエ、トマトジュース、水。そしてお父様方には嬉しいお酒。ビール、ウィスキーやワインもありウハウハですね。仕事がなければそこまでお酒が強くないがお酒自体は好きな私も一杯行きたかったところですがそこは我慢。

 

ドリンクコーナーの横にはカップラーメンやカレー。

友人曰くこのカレーは美味しいらしいです。私はお腹いっぱいなので今回は食しませんでした。

その他にもトイレあり、喫煙室あり、パソコンが使えるスペースもこのようにありました。
TVも設置されていて、しっかりNHKの国会中継が流れていました。
ゆったりとしたソファーに腰掛け、携帯を充電しながら、トマトジュースとペリエを飲みつつ、日経新聞を読む。想像していた以上に優雅に過ごすことが出来た一時間でした。嬉しすぎてtwitterにアップしたり、経済・投資の先生や友人にせこせこラインしてしまいました。世界一周中もこの快適性を享受できると思うと楽天カードの年会費1万円なんてかすんで見えました。


出張が多いビジネスマンの方々。移動って本当に大変ですよね。次のフライトまでの待ち時間を優雅に過ごして気持ちに余裕を持って、出張にのぞめるプライオリティパスおすすめです!!
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

今回は、国内の中部国際空港だったので、次は中国の空港で使用できるか試してみたいと思います。

ほなまた!!

『プライオリティパス関連の記事は以下もおすすめ』