やりたいことが見つからない人は「大人の学校」に行こう!学長と初対談!

どうも勇一です。

 

先日、初めて「大人の学校」にて対談させて頂きました。
大人の学校って何?という話ですが、決して怪しいものではございません。
いやらしいことを戦略的、計画的、効率的に学ぶ場ではございません。

ちゃんと説明します。

 

大人の学校とは

・名古屋を中心に月二回開催される大人の為の学校
・「幸せに生きる人を作る」ことを目標として、「生きる力」を高めたい社会人が一同に集まる。
・基本的には生徒が講師を務める。
・年齢層は20代~50代と幅広い。
・授業内容は多岐に渡る。
例:日経新聞の読み方、日本一周ヒッチハイク報告会、幸せの香りレシピ、コーチング、キャッシュレス社会の歩き方


 

大人の学校を知ったきっかけは今年の3月、学長の平川涼介という人間との運命的な出会いでした。
友人が開催するフェスにて、真面目そうな彼を友人から紹介されて、話してみると、共通点だらけ。
・同い年
・事情があって二人ともスーツ(フェスやのに浮きまくっていた)
・今年中に会社を辞める
・世界一周をする

仲良くなるのに時間はかかりませんでした。

 

そんな彼が今年の1月に立ち上げたばかりの「大人の学校」に誘ってくれて、7月に初めて参加しました。向上心が高く、イキイキと新しい知識を蓄えようとする同世代と共に学ぶ時間が本当に楽しかったです。

普段、仕事では絶対出会うことのない業種の方々と休み時間話しているだけでも刺激的。学校の先生、フリーター、バンカー、エステティシャン、投資家、ナース。自分が見て来た世界がどれだけ狭かったかを痛感させられます。

 

また、上記でも述べましたが、「生徒が講師をやる」ことがまたおもしろい。講師は「お前やれや」と部活の先輩風ふかしまくり手法で任命されるわけでは無く、立候補だったり、推薦だったりするのですが、普段人前で発表する機会のない人たちに自分の好きな事、得意な事、伝えたい事を発信する場を提供しています。

 

私もひょんなことから講師として、今年の9月に授業をさせて頂きました。
テーマは「笑いの法則」
大阪人として生まれ育った私はお笑いと共に生きてきました。
笑いを取ることは何も難しいことでは無く、法則さへ守ればだれでも笑いが取れるようになるということ、その法則についてお伝えさせて頂きました。

 

そして、今回は二回目の登壇。

 

テーマは

「日本一周×世界一周 旅に出る二人が伝えたいこと」

 

学長の平川くんが今年の8月から10月までの約3か月間、所持金ゼロで日本を一周して来ました。クレイジーというかアホというか天才というか。笑)

 

かくいう私は12月5日から世界一周します。

 

そんな二人が「なぜ会社を退職したのか」「なぜ旅に出るのか」についてトークセッションを行いました。

 

会場の雰囲気はこちら。

場所は名古屋の大須にある今最も熱いスポット「TOLAND」です。

 

対談中のショット

 

話したいことが多すぎて、若干駆け足になりましたが、緊張もせず楽しめました。

授業後に各テーブルで感じたことを語り合うシェアの時間があって、テーブルを回りましたがたくさん質問を頂き、また私の旅にたくさん興味を持って頂き、嬉しかったです。

 

なんと既に私の世界一周報告会も決定しました!!
具体的な帰国日も一切決まっていないのにありがたい限りですw

 

トークセッションの中では、「仲間の重要性」について熱く語りました。
仲間は、凝り固まった固定概念にメスを入れてくれます。
ありのままの想いをさらけ出して受け入れてくれる、応援してくれます。
一人では頑張れません、人間は弱い生き物だから。
仲間を作ることで、もっと自分が突き抜けていくことができます。
そんな仲間が作れる場が「大人の学校」です。
仲間が欲しい人は、ぜひ大人の学校に足を運んでみて下さい。

 

ちなみに世界一周で感じたことや経験を話して欲しいという方がいらっしゃいましたらお問い合わせページからいつでもご連絡下さい。講師なんて自分で言うのもおこがましいですが、精一杯お話させて頂きます。

 

ほなまた!!