世界一周準備 運転免許証更新

どうも中畑清ばりに絶好調の勇一です。

 

世界一周準備を着々と進めておりますが、
その内のひとつに運転免許証の更新があります。

 

グリーン→ブルー→ゴールドと順調にステップアップして来た小生ですが、二回目のゴールド免許更新(有効期間5年)が近付いて来ていたので、退職前の有給休暇を利用して、平日の金曜日に期日前更新に行って参りましたのでレポートします。

【Sponsored Link】



免許更新手続期間

免許の更新手続きは、誕生日をはさんだ2か月間に更新手続を行う必要があります。
自分の場合だと、誕生日が1月なので、12月、1月、2月の期間中に手続きをする必要があります。

12月頭には世界一周に旅立っているので、ハガキを待たずして期日前更新してきました。

 

免許更新手続場所

運転免許センターか最寄りの警察署のいずれかで手続きが可能です。
私は現在愛知県名古屋市在住ですので、天白区の平針にある運転免許センターに行きました。
にしてもなんでこうも運転免許センターというのは絶妙に微妙な場所にあるんですかね~
金山から名鉄鳴海駅下車、バスに30分乗ってようやく到着です。最寄り駅の地下鉄鶴舞線平針駅までは歩いて25分です。

 

更新手続手数料

私は優良運転者ですので、3,000円です。
区分によって料金は異なりますのでご注意ください。

 

持ち物

免許証

手続手数料

パスポート

(海外に行くので期日前更新に来ましたと伝える方)

 

当日の流れ

名鉄鳴海駅を降りて、「平針運転免許試験場」行きバスに乗車。

30分かけて到着。バス停から歩いて2分で到着。

インド・ネパール料理屋のチラシを配っているお兄さんが2名ほどいるので笑顔で受け取ってあげましょう。
平日の午前にも関わらず割と人がいることに驚きました。外国籍の人も多かったです。

 

ここからは流れ作業になります。

①総合案内で海外に行くので期日前更新をしたい旨伝える
パスポートと免許証を提示させられ、手続き用のシールを貼られる。パスポートの確認は別にコピーを取られるわけでもなく、名前のページを確認されただけでした。

 

②別の窓口にて更新申請書3000円支払い

 

 

③機械にて暗証番号登録カードを発行

 

 

④申請書をテーブルで記載

 

 

⑤視力検査 10秒で終わり

 

 

⑥写真撮影 これも10秒で終わり

 

 

 

⑦更新時講習待合所で待機

40分間隔で講習が組まれているので、運が悪いと40分ほど待たされることになります。

 

 

⑧講習30分
15分ビデオ、15分授業

 

 

⑨名前を呼ばれて前に出て行って免許証を受け取り、完了

5年前と比べて少し大人になった新しい免許証の写真を見て、雨模様も手伝ってか、なんだか悲しい気分になりました。笑
10:20に来て、11:45に終了したので、手続きの時間としては1時間半ぐらいですかね。

自分の場合は講習待ち時間がそれほどなかったので、1時間半ですみました。

2時間は見ておいた方がよいかと思われます。

 

 

せめてゴールド免許ホルダー達には、手続きをネット上でできないものでしょうかね。

講習ビデオを最後まで見ないといけないようなシステムにして、家で学習させる。家にインターネットが通っていない人は免許センターに来てもらう。

手続きする側にとってはこれでずいぶんと効率的になるのですが、まぁ更新ビジネスでご飯を食べている人もいるのでやらないでしょうね。

 

講習で学びましたが、全国交通死亡事故死者数は、愛知県が213人で最多。次は大阪で196人。高齢者の事故が213人中122人、約60%を占めるそうです。

 

もうすぐそこまで来ている「自動運転」が課題解決になってほしいと願うばかりです。