英語を話せるようになる方法 Part1

私は英語と中国語を話すことができます。
英語に関しては、学生時代にカナダ留学をして、仕事でもビジネス英語を使う機会があり、プライベートでもオンラインで学習しています。

 

中国語に関しては、社会人になって、中国語を全く話せない状態から3ヶ月でHSK4級を獲得しました。5級も同時受験したのですが、3点差で落ちました。。
*HSKとは中国語版TOEIC。1級からスタートして、6級が最高位。HSK4級の定義「広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとれる。」

 

そんな外国語学習経験のある私は、
「英語を話せるようになるにはどうしたら良い?」

 

「どうすれば二か国語も話せるようになるの?」

 

という質問をたくさん受けます。

 

そこで、外国語を短期間で話せるようになる方法を連載形式でお伝えして行こうと思います。英語と中国語を学んだ経験が少しでも皆様の為になれば幸いです。

 

まず初めに、やることは、

 

 

 

 

目標設定。

ビジネスもそうですよね、達成したい売上金額や販売台数があり、そこからブレークダウンして、ディテールに落とし込み、個別に戦略を練る。
外国語学習も同じです。目標をどこに設けるかで戦略=学習の仕方は変わります。
この目標設定をふわっとした状態にしておくと、何が起きるか。そう、途中で挫折します。
光が見えない闇を歩き続けるようなものです。ゴールを決めないと何事も頑張れません。
それなのにこのゴールを「何となく」で設定している人がほとんどのように思えます。

 

従って、まずは目標設定をきちんとしましょう。
とはいえ、目標設定と言うと堅苦しくなってしまうので、もっとフランクに考えましょう。

英語で何がしたいですか?

これを考えれば目指すべきゴールがイメージできます。

 

ざっと、英語を話したいという人は以下のようなことがしたいのではないでしょうか?

・外国人に道を尋ねられて、もしくは外国で道を尋ねてちゃんとやり取りができる。
・海外旅行先で食、ホテル、買い物で会話に困らない。
・映画を翻訳無で見る。
・ビジネス上のコミュニケーションが取れる。
・会議の場で交渉ができる。

この何がしたいかをまずは決めるようにしましょう。

ここが出発点です。曖昧にしないでください。

旅行の行先(ゴール)が決まったら、次はどうやってその行先に行くか、HOWの部分をPart2のパートで触れて行きます。

英語を話せるようになる方法 Part2